チャップアップ

【購入者必見!】大人気育毛剤チャップアップの“副作用”を徹底検証!

更新日:

育毛剤を使用している方が気になるのはやはり健康リスク、つまり副作用ではないでしょうか。

ココに注意

育毛剤は効果が強いほど副作用も強いといわれています。

では、今回ヘアラボで一番人気の育毛剤チャップアップにも副作用があるのか調べてみることにいたしましょう!

ヘアラボで1番人気!育毛剤チャップアップとは

チャップアップが人気の理由は主にこの3つです。

  1. 多種多様な有効成分で頭皮環境を改善
  2. 低刺激
  3. 安心の“永久全額返金保証”

このようにして、チャップアップはこれまでの多くの実績に裏打ちされたノウハウをもとに、老若男女問わず愛用され続ける育毛剤となってきたのです。

副作用リスクについてメーカーのコメントは?

そんな大人気のチャップアップにもやはり副作用はあるのでしょうか。

育毛剤は効果が強いほど副作用も大きいことを考えると、やはりそのあたりは知っておきたいところですよね。

という事でここはやっぱり、チャップアップを最も知り尽くしているメーカーの公式HPをチェックします。

普通はメーカー側としては売れ行きを良くするためにも自社商品のプラス面をたくさん取り上げたいはずです。

それでも公式HPにマイナス面を書いているのであれば、それはおおむね正確で信頼できる情報といえるでしょう。

メーカーが認める副作用

調べたところ、公式HPの「よくある質問」の中に以下のような気になる一文がありました。

…以下の場合はご使用にならないでください。
・頭皮に傷やはれもの、湿しん、かぶれ、ただれ、色素異常などのある場合。
・使用中、赤み、はれ、かゆみ、しげきなどの異常があらわれた場合。
・使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。

1番目や3番目はチャップアップだけでなく他の外的要因も加わって生じる症状ですが、2番目に関してはチャップアップそのものを使用したときに生じる症状であることが分かります。

という事は、多くの人に愛用され続けているチャップアップにも副作用があるのでしょうか。

ではそこのところをもう少し掘り下げて詳しく調べてみましょう!

育毛剤チャップアップに3種類の副作用リスク

ここからは、公式HPに記されていた「健康への悪影響」に加えて、一般的に育毛剤の副作用として懸念されることの多い2つの要素を加えた以下の3点を考えてみましょう。

  1. アレルギー性湿疹
  2. 血行改善からくる痒み
  3. 初期脱毛

アレルギー性の湿疹

先ほどのチャップアップの公式HPでは、使用後に頭皮に赤みや腫れ、痒みが出た場合に使用を中止するようにと書かれていました。

チャップアップは本来、天然素材にこだわって作られているので、そもそも副作用のリスクを極力抑えられているはずです。

とはいえ、やはりすべての人に絶対に副作用が出ないとは断言できません。

というのも、昨今は様々なアレルギーを持つ方が多いので、チャップアップに含まれている多種多様な有効成分のどれかにアレルギー反応を起こしてしまい、このような症状が出る可能性もあるからです。

ただ、これらの皮膚に生じるアレルギー症状に関しては事前に回避する方法があります。

メーカーの勧めるのアレルギーチェック

それがチャップアップのメーカーも勧めているアレルギーチェック、別名パッチテストです。

テストとは言うものの難しいものではありません。チャップアップを頭皮に使用する前に腕の内側や内ももといった目立たないところに少しだけ塗って反応が出ないかをみるというものです。

この状態でしばらく放置し、そこが赤くなったり、腫れたり痒くなったりするならチャップアップが体質的に合わない可能性があります。

体質からくる副作用であれば、即改善されるという事はあまり期待できません。

そのような場合、残念ではありますが全額返金制度を利用して返品・返金をするのが良いかもしれませんね。

血行改善による痒み

痒みはアレルギーの一症状として認識されることが多いですが、痒みの原因がアレルギーだけとは限りません。

皆さんも、お風呂に入ったら体が急に痒くなったという経験はありませんか?

実はそれは血行が改善されている時に生じる痒みという可能性もあるのです。

なので育毛剤を使用して痒みが生じた場合、それは頭皮環境が整い始めているのかもしれません。

まさにチャップアップのもつ育毛効果が現れ始めている証拠といえるでしょう。

副作用と聞くとつい健康被害をイメージしがちですが、悪いものばかリでもないようです。

ただ、前述のアレルギー由来の痒みの可能性もありますので、もし判断に困るようであれば直接メーカーの方に電話で問い合わせてみるのがより確実でしょう。

使い始めの初期脱毛

初期脱毛という症状を知らない方は、使い始めた頃に「育毛剤を使った毛が抜けちゃった!?」ととても驚いてしまいます。

人によっては「チャップアップが自分に合わなかった!」と早合点して使用をやめてしまう人もいるようです。

毛が抜けて始めたことで慌ててしまわないよう、そもそも育毛剤が髪の毛にどのように作用するのかを理解しておくことにしましょう。

育毛剤の育毛促進プロセス

意外と知らない方も多いかもしれませんが、育毛剤は今ある弱った髪の毛を増強して太くするというものではありません。

有効成分によって毛母細胞(毛の根元の部分)が刺激され、新しい太い毛に生え変わるよう促すというものなのです。

そのため、生え変わる過渡期にこのような脱毛が生じる事があるのです。

このような育毛促進のプロセスを考えると、初期の脱毛は頭皮環境が整い順調に育毛が進んでいるという事なので、むしろ喜ばしい副作用と言えるかもしれません。(とはいえやはり最初はショックではありますが。)

初期脱毛の副作用が強いのは発毛剤

この初期脱毛、一般的には育毛剤ではなく発毛剤でよく生じる副作用といわれています。

発毛剤というのは、チャップアップなどが分類されている育毛剤よりもさらに強力(ゆえに副作用も強力)な効果があるものを指しています。

しかしながらチャップアップのメーカーによると、使用からひと月程すると脱毛が増え始めたとする顧客からの報告が少なくないとの事。

チャップアップは育毛剤ではありますが、場合によっては一時的な脱毛を想定しておくほうが良いかもしれませんね。

ただしメーカーは、「この初期脱毛はあくまで一時的なものなので、使用し続ければ望んでいた強くたくましい毛は増えていくはず。」とコメントしています。

これまで大切にしてきた自分の髪が抜けていくのは確かに辛いですが、ここで諦めずに使い続けましょう!

育毛剤は発毛剤よりも副作用のリスクが低い

よく、「発毛剤と育毛剤っていったいどう違うの?」と疑問に感じる方がおられるようです。

ここで、育毛剤と発毛剤の違いについてさらに見ておきましょう。

一般的に、チャップアップなどの育毛剤は効果、副作用ともに発毛剤ほど強力ではありません。

その点は以下のように法的にもはっきり線引きされ分類されています。

  • 発毛剤→医薬品
  • 育毛剤→医薬部外品

医薬部外品は医薬品よりも「人体に対する作用が緩和なもの」とはっきり定義されているのです。
(※ 薬機法第二条第二項)

育毛剤チャップアップは医薬部外品なので、医薬品の発毛剤と比べて比較的副作用のリスクが低いといえるでしょう。

育毛剤や発毛剤が長期間にわたって自分の体に使用するものである事を考えると、蓄積されてゆくリスクは極力低いほうが良いのではないでしょうか。

副作用リスクをみてもチャップアップ一押し!

今の時代、食品はもちろん人体に使用するあらゆるものにアレルギー反応などが出るリスクは誰にでも潜んでいるものです。

そのことを考えると、副作用が全く出ないものではなく極力低いものを探すというほうが現実的といえるのではないでしょうか。

ココがポイント

これまで見てきたように、チャップアップは法的区分から見ても副作用のリスクが軽微であることが分かりました。

また有効成分という面においても、無添加無香料の天然素材にこだわり副作用のリスクを低減する企業努力が感じられ、他の育毛剤よりも一歩リードしています。

ヘアラボ読者に愛され続け、今や一番人気の育毛剤チャップアップは、副作用などの人体への影響を懸念している人にもオススメといえるでしょう。

もし副作用によってアレルギー反応が出た場合でも、即返金に応じてくれるのでその点も心配御無用です。

なにか不安に感じる事があればチャップアップ専用のカスタマーセンターにフリーダイヤルで問い合わせることもできます。

チャップアップについて知り尽くしたオペレーターが親切丁寧に相談に応じてくれます。

購入前であっても公式サイトから気になることを電話で質問できます、もちろんそれもフリーダイヤルです!

まとめ

いかがだったでしょうか。

・チャップアップにも副作用の可能性はある
・チャップアップは配合成分、法的な点から見て副作用リスクは軽微
・万が一副作用のアレルギー反応が出た場合にも返金保証制度がある

「薄毛対策に何か使ってみたいけど副作用が心配」という皆様。

心安安全の配合成分で低リスク、かつしっかりとしたアフターフォローの育毛剤チャップアップをこの機会に是非お試しください!

-チャップアップ

Copyright© カーミネーター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.