チャップアップ

※知らないと損!チャップアップの正式な使い方と効果UPのコツ!

更新日:

【美容師監修】チャップアップの効果的な使い方

育毛剤を使用し始めたばかりの方も長年使用してきた方も、これまで何となく自分流のやり方でやりやすいように育毛剤を使ってきたという方も多いかもしれません。

でも実は育毛剤はその使い方によって育毛効果に雲泥の差ができてしまう事もあるんです。

せっかく買った高い育毛剤、知らない間に間違った使い方をしてもったいない事にならないように、今日は人気の育毛剤チャップアップの効果を最大限発揮させるための正しい使い方とコツを見ていくことにいたしましょう!

チャップアップを正しく使うための7つのコツ

ここではチャップアップの育毛効果を十分に発揮させためのコツを7つ順を追ってご紹介させていただきます。

①シャンプーで頭皮をきれいな状態に

育毛剤が頭皮に最も浸透するのは乾燥した清潔な状態です。

ただ男性の場合特に皮脂の分泌量が多いので毛穴に皮脂が詰まっている事が多く、そのまま育毛剤を使用しても成分がうまく浸透してゆきません。

なので、まずは育毛剤が十分浸透するための環境作りとしてシャンプーをして頭皮をきれいにしましょう。

シャンプーをしてお風呂から上がったら早めに髪を乾かすのがポイントです。

体が温まっている時は血行が良く、育毛剤の効果も促進されます。

シャンプーする際の注意点!

シャンプーの際は決して爪を立てずに指の腹で頭皮を優しくマッサージします。

ついつい頭皮の皮脂がしっかり取れるように爪を立ててしまいたくなりますが、必要以上に皮脂が無くなってしまうと乾燥肌になったり、逆に皮脂の過剰分泌を促したりと逆効果になりかねません。ご注意ください!

②ドライヤーで髪を乾かしてから使う

髪が濡れている時に育毛剤を使用すると、乾いてない髪の水分によって育毛剤自体が薄くなってしまう事があります。

また、育毛剤を使用したいところがまだ水で濡れているときちんと育毛剤が塗れたのかどうかが分からなくなってしまいます。これは実際にはイメージする以上に深刻です。

とはいえ乾燥させて頭皮をカサカサにしてしまうのも良くありませんので、ドライヤーで髪を乾かす際には7割くらい、少ししっとりする程度に乾燥させるのが良いでしょう。

ドライヤーは体が温まっているうちに乾燥させるという点ではとても便利ですが、頭皮に近づけて使用し続けると頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。

頭皮から7~8cmほど離すのが正しい使い方と言えるでしょう。

③頭皮全体にまんべんなく塗布する

これは育毛剤全般的な正しい使い方といえるでしょう。

育毛剤の有効成分の中には頭皮の血行改善を促す成分も含まれています。

特にチャップアップの主な成分の中には、「センブリエキス」という血行を促進して頭皮に栄養をゆきわたらせるために必要な成分が含まれています。

このような血行促進に有効な成分が含まれている事を考えると、育毛剤は薄毛の気になるところだけに局所的にではなく、頭皮全体にまんべんなく塗布するのが正しい使い方といえるでしょう。

さらにチャップアップを頭皮全体に塗布した後は、1~2分そのまま放置するとより効果的な使い方です。

④もったいぶらずにきちんと使う!

チャップアップは推奨している使用料は1日4ml(約30プッシュ)です。

「そんなに多いの!?」と感じる方もおられるかもしれませんが、それは育毛成分を頭皮全体に浸透させる正しい使い方をするために必要な量なのです。

チャップアップも含め多くの育毛剤は大抵、頭皮環境を整えることによって育毛を促進します。

頭皮の環境ですからやはり一朝一夕、または部分的な使用では変わりません。そのため定期的に十分な量の育毛剤を頭皮全体にまんべんなく浸透させる必要があるのです。

確かに、高い育毛剤を必要以上に使いたくないという気持ちも分かるのですが、逆に推奨されている量よりも少なすぎると有効成分が十分に頭皮に浸透しなくなってしまうのです。

効果が期待できない状態で使用し続けるほうが不経済という事になりかねません。

やはり推奨されている使用量を守るのが正しい、かつ経済的な使い方といえるでしょう。

一度に30プッシュ!けちけちせずに使いましょう。

⑤塗布した後には頭皮のマッサージを

育毛剤をつけた後、1,2分浸透させている間に頭皮マッサージをすると、頭部の血流を良くすることができるので、育毛剤の持つ血行促進効果を一層引き出すことができます。

ここでは美容院のヘッドスパでも良く使う2つのツボを紹介します。

百会(ひゃくえ)

両耳を線で結んだ線上にあり、頭の頭頂部に位置する点。ここを量指でゆっくり強く押します。

このツボは頭皮のみならず全身の血行促進に効果があるとされています。

育毛環境を整えるために血行促進は欠かせません。溜まった老廃物も流れやすくなり、髪の毛にも栄養が届きやすくなります。

角孫(かくそん)

両耳の一番高い位置とほぼ同じ高さにある頭皮のツボです。頭皮の血行を促進し抜け毛予防にも効果があるとされています。

ここを気持ちいいと思えるくらいの強さでゆっくり押すと効果的です。

くれぐれも爪を立てたり、こすったりして頭皮にダメージを与えないようにしましょう。

⑥チャップアップは1日2回が効果的

チャップアップの効果的な使用頻度は、メーカーによると1日2回とされています。

朝と寝る前の2回にわたって今回ご紹介した使い方で使用することをおススメします。(詳しいタイミングは後述します。)

ちなみに朝チャップアップを試用する際には事前のシャンプーは必要ありません。起きてそのまま使用します。

1日2回、しかも毎日シャンプーをするとなると頭皮に必要な量の皮脂まで取ってしまいます。

その状態で屋外の紫外線を頭皮に浴びると頭皮がダメージを受けてしまうのでご注意ください。

⑦毎日きちんと続けて習慣にする!

当たり前のことかもしれませんがこれが意外と難しいのかもしれません。

育毛剤全体に言えることですが、継続して効果が出てくるものです。

効果が出るまでどれくらいの期間が必要なのでしょうか。

人によって多少差はありますが、一般的に3~6か月といわれています。まさに「継続は力なり」です。

一般的に、習慣にしたい事を3週間続けると板についてくるといわれています。

忙しいときも諦めずにコツコツ続けていきましょう。小さな努力の積み重ねが成功につながります!

育毛剤を塗るベストなタイミングとは?

ここでは先ほどコツの6つ目で紹介した、チャップアップを塗るのにベストなタイミングが「寝る前」といえる理由についてご紹介させていただきます。

寝る1時間前であれば何時でもOK

夜に育毛剤を使用する際には「成長ホルモンが分泌されて細胞が活発に入れ替わる時間帯」に合わせるのが効果的とされています。

これまで、この成長ホルモンが最も分泌されている時間帯は午前2時から3時であるといわれてきましたが、実はこの時間には科学的根拠が無い事がわかりました。

現在は成長ホルモンの分泌は時間に依存しているわけではなく、睡眠に入ることがスイッチとなっている事が分かっています。

人が就寝して最も深い眠りに入った最初のタイミング(就寝後およそ1時間後)で成長ホルモンが多量に分泌されるという事です。

このことを考えると、仕事で寝るのが遅くなった人でも、寝る前にきちんとチャップアップを塗っておけば大丈夫という事なので少し安心ですね。

十分な睡眠時間を確保しよう!

ただし覚えておきたい点として、睡眠時間を削ってもいいという事ではありません。

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中の4時間程度といわれているので、全体としてそれ以上の十分な睡眠時間をとることが大切です。

十分に睡眠時間を確保できる生活リズムで。チャップアップを一層効果的に使用しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

■チャップアップには正しい使い方がある
1.初めにシャンプー
2.ドライヤーで乾かす
3.頭皮全体にまんべんなく
4.もったいぶらずに使う
5.塗った後はマッサージ
6.1日2回使用
7.継続して使用する

■寝る前が特に効果的、睡眠時間も十分に

今回ご紹介したこの使い方は、忙しい毎日を送っている多くの方も普段の日常生活で少し意識するだけですぐに実践できるものばかりです。

皆様もこれら正しい使い方を習慣にして、育毛剤チャップアップの効果をより一層実感してみてくださいね!

-チャップアップ

Copyright© カーミネーター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.